路地裏シネマ

映画の感想、評価

【感想】マチルダ【評価】6歳で白鯨を読む超能力少女 68点

あらすじ

金儲けのことしか考えてない両親を持ったマチルダは、いつもお留守番ばかりさせられていた。そんな彼女の楽しみは読書。図書館へ行っては片っ端から本を読む日々を送る。そんなマチルダも、とうとう学校へ行けることになった。ウキウキのマチルダ。しかし学校で待っていたのは、意地悪で独裁者の校長先生だった。偶然手に入れた超能力で、マチルダは校長先生をこらしめることを決める。

続きを読む

【感想】ミスタービーン劇場版【評価】78点

あらすじ

名画『ホイッスラーの母の肖像』がパリのオルセー美術館から、アメリカのロサンゼルスにあるグリアソン美術館に展示されることになった。ロンドンのナショナル・ギャラリーの学芸員達は、とんでもないトラブルメーカーの警備員だが会長に気に入られているビーンを厄介払いするために、ビーンを美術の専門家に仕立ててロサンゼルスに派遣する。(wikiから)

感想

ミスタービーンの名前は知っていたものの、視聴するのははじめてになる。ドラマ版→映画版という流れになるのだろうが、ひとまず映画版を観てみることにした。
率直にいってめっちゃおもしろい。20年前にも関わらず普通に笑える。

ミスタービーンの笑いは、ヴィジュアル・コメディと表現されている。台詞ではなく表情や行動で笑わせるという意味。
だけど僕は少なくともこの映画を拝見した限り、ヴィジュアルもさることながらシチュエーションでの笑いが大きいのではないかと思った。

「ミスタービーン劇場版」のおもしろさは、アンジャッシュのすれ違いコントに似ている。
イギリスではただの変人のビーンが、アメリカでは有名な美術博士として紹介されるため、天才だから変わっているのだと思われる。
ここら辺のすれ違いが、前半部分のストーリーのおもしろさをになっている。適宜さしこまれるミスタービーンのギャグもあいまって、観客を飽きさせない。

そして後半。ミスタービーンがただの奇人だとばれてしまう。しかし、『ホイッスラーの母の肖像』をミスタービーンが台無しにすることによって、これからどうなってしまうのだろうと観客を期待させる。

ミスタービーン劇場版は、ストーリーが巧み。ミスタービーンのギャグもあいまって非常におもしろい作品になっている。ミスタービーンのキャラ性を抜きにしても、視聴できる映画だと思う。ただ、お披露目会のあとの展開は、不要な山場のような気がした。構成としてはその部分(病院)を抜かしておいた方がすっきりしていたような気もする。ただ病院パートもおもしろいので、そこまで強く批判しない。

何より素晴らしいのは、トラブルがいっぱいあっても結局うまくいってしまうということ。最終的に誰も不快にならないし傷つかない。
とくにスピーチのシーンはよかった。ミスタービーンのキャラ的には賛否ありそうだが、劇場版だけで観れる貴重なシーンと考えると悪くない。
本作から10年後の2017年に続編が発表。そちらもウキウキしながら視聴したのだが、なぜかクスリともしなかった。というわけで『ミスタービーン劇場版』の方をオススメする。

【感想】人生逆転ゲーム【評価】負けたら臓器ドナー 35点

あらすじ

ギャンブルやホスト狂いによって多額の借金を作ったOLの主人公。特別融資によって借金をチャラにするものの、融資にはある条件が!?
同じく特別融資を受けた男女七人が監禁される。勝てば借金チャラ+賞金。負ければ臓器はすべて取られ、ドナーへ。
主人公は生きてこのデスゲームから逃れられるのか?

続きを読む

【感想】JUDGE【評価】自分に投票しましょうよ。30点

あらすじ

目を覚ますと監禁されていた七人の男女。動物の被り物をさせられ、鎖につながれて逃げることができない。制限時間ごとに、この中の誰か一人を投票で処刑しないと全員死ぬ。彼らはこの最悪なデスゲームから逃れることができるのか?

続きを読む

【感想】幸せなひとりぼっち【評価】本当に死ぬのがヘタクソね 58点

あらすじ

妻に先立たれ、長年勤めていた会社からも解雇されたオーヴェ。妻を追いかけて自殺しようとするところに、新しく隣人家族がやってくる。自殺しようとするたびに邪魔をされ、なかなか妻の後を終えないオーヴェ。映画ではオーヴェールの悲しい過去を織り交ぜる回想形式で、ストーリーが進んでいく。

続きを読む

【感想】人狼ゲーム マッドランド【評価】シリーズ6作目 75点

あらすじ

何者かによって集められた高校生10人が、命をかけて人狼ゲームをする。
今作の設定は人狼1、占1、用1、狂人7の狂人村。
普通の人狼ゲームとは違って、人狼の騙りが出るようになる。
用心棒である主人公は、圧倒的不利のなか占師を守れるのか!?

続きを読む

【感想】脳漿炸裂ガール【評価】まさかのダイジェスト 42点

あらすじ

小さな頃からあこがれていた聖アルテミス女学院に通う市位ハナは、教室で目を覚ますとクラスメイト達と檻の中にいた。そして突然、携帯電話を使った「 黄金卵の就職活動」というサバイバルゲームに参加する羽目に。様々なゲームに勝ち残った1名だけが、“真の卵”として、大人の仲間入りができるという。クラスメイトが次々と脱落していく中、ハナは同級生・稲沢はなと共にゲームを戦っていくが…。誰もが入学を憧れる聖アルテミス女学院を舞台に、突如始まった理不尽なサバイバルデスゲーム。そして、女子生徒たちに起こる惨劇。果たして、ゲームの行方は?ハナとはなの運命は?

続きを読む