路地裏シネマ

映画の感想、評価

【感想】デスノート Netflix【評価】リュークにビビるキラ、銃を振り回すL 30点

待望のハリウッド版デスノート!

ハリウッドバージョンっていうことでめっちゃ豪華になっているデスノート。
ファンには嬉しいことに、ノートが派手になったよ。
わぉ、ビー玉もたくさん転がるし最高の映画だね!

原作との相違点をまとめてみたよ。

①リュークにびびりまくるライト

目が赤外線仕様になったリューク初登場シーン。原作では冷静になったライトも赤外線仕様には驚きを隠せなかったようだね。
「助けて!」と叫びながら、教室を走りまわるよ。かわいい。

原作→天才
ドラマ→アイドルオタク
Netflix→ビビリ new

②リュークにデスノートの書き方をレクチャーされる。

今回のリュークはとてもやさしい。わからないことがあったら結構教えてくれるよ。
「ペンがない」というライトに、すっと差し出してあげる紳士っぷり。
「所有権失いたきゃ7日間放置しろ」放置の発音が完全に高知だよね。まあ元から高知なんだけどさ。

③異様にグロい

デスノートを見ていてグロさが足りないっていうファンには、これは朗報だと思うよ。いきなり死に方がえげつないよ。
序盤で飽きたのか、それからはグロくなくなるけどね。

④ライトの母さんがひき逃げで死んでいる。犯人は金で釈放。

ちなみに妹もいないんだ。

⑤ノートの所有者にしかリュークの姿は見えない。

今回のリュークは恥ずかしがりやさんなのかな?

⑥女の子にデスノートの存在をいきなりバラす。

ミアという女の子に気を惹こうとするばかりに、「デスノートで俺が殺したんだよ」とドヤるよ。新車を買った大学生がナンパするときと同じだね。
ただミアが、原作でいうとミサポジションになるのかな。
ミアには所有権もデスノートもないけど、一緒に犯罪者を殺しまくるよ。

⑦顔を半分隠して報道陣の前に出ちゃうL。

アサシンクリードに扮したLが報道陣の前に出るよ。

⑧一回だけデスノートの死を取り消せる。

今回のリュークは顔を恐ろしいけど、本当にやさしいと思うんだ。書いたノートのページを燃やしたら死なないで済むみたいだね。この新ルールが、スリリングかつエキサイティングすぎて思わずあくびが漏れる展開になるから要チェック。

⑨Lが取り乱しすぎ。

Lが銃を振り回しながら、ライトを追いかける貴重なシーンが見えるよ。
1、パトカーで追いかける途中で街の設備を破壊。
2、苦しんでいる一般人を放置。
3、ご飯を食べている一般人の顔を思いっきり皿に叩きつけるんだ。

頭が良いアピールするわりにはキラの意図が一つもつかめないよ。
しかも最後○○を使うんだ。Lファンが暴動を起こさないか心配だよ。

⑩ワタリの髪型

これは映画を見てチェックしよう。めっちゃナウいぞ。

⑪頭脳戦が申し訳ない程度

たぶん観客が疲れないように頭脳戦はやめたんだと思う。そういう気遣いができる映画っていいよね。

感想

ある意味おもしろいデスノートの二次創作映画って感じ。デスノートのホラーコメディなのかな?
Netflix入会してまで観る必要は0だけど、Netflixに入っているなら暇つぶしにどうでしょうか?