路地裏シネマ

映画の感想、評価

映画「TENBATSU」感想 3点

TENBATSU [DVD]

TENBATSU [DVD]

笑えるホラー

あらすじ

ホラー文学研究部に所属する女子高生の結季は、恋人に急接近する綾美の浮気を疑う。そんなときホリー様という天罰を与えてくれる七不思議を聞く。綾美に嫉妬した主人公結季は、呪いを実行することに……。

雑な殺し方

ホラー文学研究部とかいうマイナー極まりない部活に、部員が七、八人もいること自体「?」ですが、そこはまあ置いときましょう。

殺し方っていうか、死に方なんですけど……。

1、犠牲者の前にホリー様がでて目をガン開く

2、どこからか石が飛んでくるカット。

3、頭にごつん。

4、顔中が血まみれ=DEAD

いやいやいやいや。えー……。
初見の破壊力はなかなかのものです。
バラエティのタライが落っこちてくるやつと、ほぼ同じですよね。
しかも、顔中血まみれなのが笑えます。
明らかに血のりじゃねーか。

頭にごつんが本当に笑えるんですよね。役者の素がちょっと出てくる感じが好きです。実際ビビってる感が画面越しに伝わってきて最高ですね。

しかし天罰とはいえ石を投げる幽霊っておもしろすぎでしょ。100発100中なのでオリンピックも狙えますね。どこから調達してきているのか想像するとかわいいです。

役者陣がわりと棒

素人の寄せ集め感がすごいです。とくに野上は表現も声も棒です。そういうキャラ設定なのかもしれないんですが、それならキャラ設定が間違ってます。
しかしこの棒っぷりがさらにコメディ要素を強めていると考えると、それはそれでありですね。
全体的に大学の映研の作品なんですよね。映研っぽさが強いというか。

良かった点

①58分でちゃんとまとまっているところ
ストーリー自体はよくできていると思います。構成もよし。演出と役者陣を変えれば、それなりのホラーにはなりそうですね。ストーリーがちゃんとしてるから、なおさら殺人方法で笑えるというか。笑顔になれる作品でした。

②短いところ
長かったら時間無駄にした感は強いんですけど、58分はぎりぎり許せる範囲ですね。笑えたのよしとしましょうか。

感想

あのヤフー映画のレビューですらスルーされているという恐るべき作品。
観ないと損する映画っていうのはありますが、観るどころか存在を知らない方が得な映画です。