路地裏シネマ

映画の感想、評価

ドラマ「陸王」第2話 あらすじ(ネタバレ)&感想

陸王とは

原作は池井戸潤の『陸王』
老舗の会社こはぜ屋が、マラソン足袋の開発のために困難を乗りこえていくストーリーになっている。
2017年10月からTBS系列で毎週日曜の21時で放送されている。

あらすじ(ネタバレあり)

こはぜ屋の当面の問題は「陸王」の耐久性と実績だった。そんななか銀行員坂本が置いていった繭のソウルが注目される。しかしその「シルクレイ」を作った会社はすでに倒産していた。宮沢社長は、新しいソウル作りのために、シルクレイ開発者の飯山社長を探すことにする。

一方、マラソン選手の茂木は焦って無茶なトレーニングをしていた。そんな茂木に、こはぜ屋から「陸王を試してほしい」という手紙が届く。
しかし茂木は「陸王」が足袋ということもあって履こうとしなかった。

宮沢の息子大地は相変わらず就職活動が上手くいっていなかった。そのせいで宮沢と軽い喧嘩が起きる。

飯山社長を探すうちに、彼が夜逃げしていることを知る。一向に居場所のつかめないなか。坂本から電話がかかる。
坂本のおかげで、飯山と対面を果たした宮沢。特許を使うためには年間5000万円を払え、と要求する飯山社長。さらにプラス1億円を払わないといけない。

飯山は妻と安アパートで暮らしていた。

茂木は新しいフォームに苦戦していた。シューフィッターは「ソウルを5ミリ薄くする」ことを提案する。「陸王」のことが頭によぎる茂木。

宮沢たちはシルクレイに変わる素材探しに奮闘していた。しかし、シルクレイほど素晴らしい素材はなかった。

飯山社長に会いにいく宮沢だったが、違う人間と取引している瞬間を見てしまう。シルクレイを使わせてほしいと懇願する宮沢だったが、飯山は「5000万円を払え」と一蹴する。

飯山社長には、全米ナンバーワンの化学会社がシルクレイを使うため「年間五千万円払う」という話が来ていた。

一方、大地は、自分のやりたいことではなく居酒屋チェーンを受けようとしていた。
「否定されていくうちに自分のやりがいを忘れてしまった」という大地。
宮沢はその言葉から、ヒントを得る。

飯山社長を待ち伏せする宮沢社長。「うちの会社を見にきてほしい」と、頼む宮沢。しかし「誰が行くか」と断られてしまう。宮沢の狙いは、自分の会社を見せることで、やりがいのあったころを思い出してほしいというものだった。

茂木は、アトランティスのスポンサーから外されようとしていた。故障している選手に「ソウルの薄いシューズを作る価値はない」と切り捨てるアトランティス。レース出場しない限り、契約は復帰されない。

控室で靴を投げ捨てる茂木。「アトランティスはあなたのためならなんでもする」その薄っぺらい言葉を思い出しながら、怒りに震える。
そんな茂木の視界に入ったのは、紙袋に入ったままの「陸王」だった。しかし「いや」と薄く笑うと、またロッカーに戻してしまう。

飯山のアパートを訪れる宮沢。飯山が外へ出ると、宮沢社長が待っていた。「しつこい」と怒鳴る飯山に、宮沢はパンフレットを渡して去っていこうとする。
その後ろ姿を呼び止める飯山。「少しだけなら見に行ってやる」と告げる。

悪口を言いながら見てまわる飯山。そんななかミシンが不調を起こすが、飯山は慣れた手つきで問題を解決する。ミシンの音を聞き「いい音だ」とつぶやく飯山。
陸王の失敗作を前でもう一度シルクレイを使わせてほしいとたのむ宮沢。
しかし、その交渉も失敗してしまう。

がむしゃらに走る茂木。「これ以上置いてかれるわけがいかない」と嘆く。そんな茂木に、コーチは叱咤を浴びせる。這い上がる方法は、ミットフィット着地しかない、と改めて告げる。

アパートの部屋、シルクレイが完成したことを思い出す飯山。シカゴケミカルから電話がかかり、「倒産した会社はやはり信用できない」と一方的に契約が断られる。
ブランコに座りうなだれる飯山。宮沢から「今日はありがとうございました」と電話がかかる。

コーチの叱咤もあり、決意を秘めて「陸王」を履きグラウンドへ行く茂木。

宮沢は飯山に連れられる。着いた場所は、シルクレイの製造機のあるところだった。
飯山は「シルクレイの特許あんたに使ってもらうことにした」と、宮沢に告げる。泣いて喜ぶ宮沢に、一つだけ条件があると、宮沢。
それは、自分も陸王に参加させてほしいというものだった。宮沢は笑顔で承諾する。

感想

飯山役の寺尾聰の存在感が強い回だったな、と思った。

個人的に一番いいと思ったシーンは、シカゴケミカルから断られてうなだれる飯山。

夜景のなかブランコに乗って背中だけを映す、というシーンが印象的だった。

情熱よりも金を選ぶのもリアルで、人間味あふれる役だったと思う。