「the W 2017」感想 女芸人のチャンピオンを決める大会

第一試合

はなしょー 告白

教育実習の先生に告白しようと思っていることを、友人に相談するというネタ。設定は平凡。展開も平凡だと思う。
コミカルな動きはいいのに、間が合わなかった。
間が良くなれば普通におもしろいんじゃないか、と思う。

ニッチェ バイト

社長がダメな新人バイトを演じていた、というネタなんだけど、設定が良い。そのネタバラシをしたあとの展開も良い。
ただ、オーバー気味なツッコミが、このネタには合っていなかったような気がする。
はなしょーと比べるとレベルが違うかなと思った。

第一試合勝者 ニッチェ

はなしょー 116
ニッチェ 285

個人的にはニッチェでした。

第二試合

アジアン 褒められたとき

王道漫才。一応昔のm-1ファイナリストでもある。
ネタ自体はこれといって強くはないのだけど、技術はすごい。
ボケの馬場園は、すごい貫禄あるなと思った。ボケはすごく上手いのに、ツッコミがそこまで上手いとは思えない。

紺野ぶるま 浮気

浮気がバレて謝るネタなんだけど、ぜんぜん謝っていないというのがおもしろい。
ただ、肩ぶるぶるはおもしろくないと思ってしまった。ワードが良いのにそれやられるたび冷めてしまう。
ずっと泣いているのに展開にひねりがあって良かった。

第二試合勝者はアジアン
アジアン 300
紺野ぶるま 101

個人的には紺野ぶるまでした。

第三試合

中村涼子 幽霊

幽霊と同棲するというネタ。ラブコメドラマのあるあるを幽霊でやっているところがおもしろい。
あるある&発想の良さ。
女芸人にありがちな容姿をネタにしていないところが素晴らしい。
オチは今大会随一。ネタのクオリティは高かった。
ただ、基本的にそこまで笑えなかった。

牧野ステテコ ポール牧野

いきなりポールを持って出てきた破壊力はすごい。キャラは作りこんでいるなと思うんだけど、ネタはそんなおもしろくない。犬の下りは良かったけど、それ以外は一言ネタの中ではレベル低い方だったんじゃないかと思う。
声質がもっと良かったら、ネタが耳に入ってくるんだけどな。

第三試合勝者 牧野ステテコ
中村涼子 190
牧野ステテコ 211

個人的には中村涼子でした。

第四試合

まとばゆう 手短なあらすじ

プロピアニストによる歌ネタ。
映画ブログをやっているので、映画やドラマを扱ったこの手短なあらすじのネタはわりと笑えた。ネタ自体はよくある感じだけど、それぞれの映画のBGMと合わせるところが良い。
ただ、おもしろいまとめかたと、つまらないまとめかたの落差が激しかったかな。

押しだしましょう子 ちゃんこ鍋トーナメント

素人なのに芸名が一番センスあると思ってしまった。
市役所勤務というVTRから、この狂ったネタはずるいですね。
鍋トーナメントっていう発想は、常人じゃ出てこない。マジでこんなネタは初めて見た。斬新すぎますね。
芸名と合わせて一番センスあると思うんだけど、ネタはそんなにおもしろくない。
ただ、第二回あるなら一番見たいのはこの人。
市役所におさめていい器じゃない。

第四試合勝者はまとばゆう
まとばゆう 286
押しだしましょう子 115

個人的には押しだしましょう子でした。

第五試合

どんぐりパワーズ 肥満外来

肥満コンビということで視覚的インパクトはすごい。ネタも肥満を使ったものだった。
いちいち「ねえ」と観客に同意を求めてくるところが、あんまり見たことないなと思った。
ネタ自体はおもしろさを感じられなかった。

ゆりやんレトリィバァ スピーチ

あるあるネタとして「すごく似ている」というわけじゃないんだけど、おもしろい。あるあるの見つけ方が上手いんだと思う。
ただ途中で飽きてしまう。

第五試合勝者はゆりやんレトリィバァ
どんぐりパワーズ 56
ゆりやんレトリィバァ 345

個人的にはゆりやんレトリィバァでした。

最終決戦

ニッチェ 母娘

母娘の良い話オムニバス。
娘が悪いことをしたと思ったら良い話に繋がるというネタ。
一回戦のときも思ったけど、ネタがわりとシステマチックで良くできている。
役柄が二人とも合っているなと思った。
ただ「笑い」にはそこまで繋がらなかったかな、と。

アジアン 耳に残るメロディ

やっぱりボケの馬場園の達者感に注目してしまう。ネタはすごく古臭い。
正月に見るならいいんだろうなと思ってしまった。
ワードを繰り返す系なんだけど、そのワード自体がそこまでおもしろくない。

牧野ステテコ ポール牧野

一回戦とほぼ同じでしたね。つぶやく内容は違うんですけど、ネタの質はそこまで変わらないかな、と。
一時間くらい延々と見ていたらおもしろいのかもしれないと思いました。
それこそ良い作家がついたら化けるんじゃないかな。

まとばゆう イントロソング

イントロに歌詞をつけるネタ。イントロにブラックな歌詞をつけることで、冒頭の本来の歌詞がおかしく聞こえるというもの。
一回戦の方にあった「わかるわかる」というものがなくなってしまったのが惜しい。

ゆりやんレトリィバァ ドラえもん

ドラえもんというファンタジー世界に、結婚式のおめでとうの動画というリアルな世界観を持ち込んでくるところがすごい。
ドラえもんという皮を借りた「ゆりやんレトリィバァ」なんですよね。
ファンタジーとリアルの境界線を攻めた、かなり際どいネタ。日テレでやる辺りも攻めてる。
あと声。ドラえもんに似ていないのに、ドラえもんと合ってますよね。

優勝はゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァ 201
牧野ステテコ 89
アジアン 47
ニッチェ 33
まとばゆう 31

感想

フリースタイルダンジョンの観覧に行っていて生で見られなかったのが残念。とくに放送室コンビの副音声はめっちゃ聞きたかった。

個人的にぜんぜん期待していなかったせいか、想像よりか楽しめましたね。とくに押しだしましょう子は、見る価値があったと思う。あと、ゆりやんの決勝も。
観ていて笑うことはあんまりなかったけど、「楽しい」という意味ではすごくよかったです。

気になったところでは、やっぱり観客の質が悪かった。一時期のR1よりひどかったんじゃないかな。日テレだから、エンタの神様並でしたね。
mー1だったら「んー」と思うんでしょうけど、theWなら良いのかなと思いました。

優勝ゆりやんレトリィバァは納得です。ドラえもんネタは良かったかな、と。
押しだしましょう子は、金属バットをはじめて見たときと同じくらいの衝撃があったので、違うネタを見てセンスを確かめたい。

あとU20のお笑い大会はどこ行ったんでしょうか。あっちの方がおもしろかったんだけどな。

お笑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント