映画「海底47m」(2017)感想 43点

海底47m(吹替版)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネタバレなし感想

シチュエーション・スリラーものとしては良くできていると思う。
とくに設定が良い。
鉄格子に入れられ、海底47mの底にいる。しかも周りにはサメが泳いでいる。
欠乏する酸素、絶望感、緊迫とした状況、なんだかんだ飽きずに観ることができる。

あらすじとしては、檻の中からサメを観ている途中、ロープが切れて海底に落下してしまうというもの。
姉妹が主人公となっている。

海底であるため海の中の映像もなかなか神秘的で美しい。
シチュエーション・スリラーものが好きなら観て後悔しないんじゃないだろうか。

ただ、B級映画の何物でもない。
よく「この映画を観ていないなんて人生の半分損してる」という戯言があるけど、このの映画を観なくても1mたりとも損しないだろう。

ネタバレあり感想

シチュエーション・スリラーものの定番とも呼べる「助かったと思いきや……」というものは今作もある。
ちゃんと伏線をはっているため、出来は悪くはない。ただ、慣れている人には「あーはいはい、幻覚なのね」とわかってしまう。むしろ伏線がいらなかったような気がする。

ネタバレなし感想でも書いたけど、やっぱり海底が綺麗。
泳いで海面に上がるシーンがあるのだけど、その途中で明かりをつけたら周りはサメだらけという画面は、わりと綺麗だった。サメの恐怖感も合わさって神秘的なものになっていたように思う。
海底という設定は良いなと思った。

「海底47m」は、シチュエーション・スリラーものとしては、やれることはやった映画なんじゃないかなと思う。
とくにケチのつけどころはないんだけど、そんな興奮するほどおもしろくはないんだよな。
強いていえば、潜水服のせいで姉妹の表情がわかりにくい点がマイナスだろうか。
あと人数が2人と限られているせいで、死のシーンが少ないところもマイナスに入るか。

肝心の妹がサメに食べられてしまうところも、ぼやけていて良くわからない。というか一瞬のせいで「あれ、死んだ?」と思ってしまった。そこでインパクトある映像残せてたらもうちょい評価あがるんだけど、そこではっきりと妹の死を描くと、幻覚のシーンが成り立たないのか。

つまんないわけじゃないんだけど、おもしろくもないという。
ただ設定とか話の作りはがんばっていると思う。一言でいうなら無難。
これならむしろ、ツッコミどころ満載の方が楽しめたかもしれない。

海底47m(吹替版)

海底47m(吹替版)

posted with amazlet at 18.03.23
(2017-11-08)
売り上げランキング: 1,587

コメント