路地裏シネマ

映画の感想、評価

映画「6TRAP 6トラップ」(2012)感想 8点

6TRAP 6トラップ [DVD]

6TRAP 6トラップ [DVD]

6つの箱に閉じこめられた6人の友人

パーティーから目覚めたら1人ぼっち。6人いた友人は箱に閉じ込められたという。限られたヒントから居場所を見つけないと、友人たちの命が危ない!

というシチュエーションスリラー映画。
発想自体はいいんだけど、観ているこっちへのヒントが0に近い。

犯人は2つのルール(親と警察に言うな)しか言わないので、箱のなかの状況をヒントに探し出すことになる。
「ガソリンまみれ」とか、「水が入っている」とかだ。

もうね、そんなもんわかるわけがない。その映画の舞台となっている町だとか、友人の個人情報もほとんどない(というかほぼ見分けがつかない)のに、どうしろって言うんだろう。

とにかく観ていて退屈だった。
そりゃ、映画の登場人物たちは何かわかるかもしれないが、そうやって一人悩んでいる姿を観てもなぁ……という感じ。

中盤以後、ようやく謎が明らかになってからはまだおもしろかった。
ただ、これネタバレあり感想の方に書くけど、設定に無理がありすぎる。阿呆すぎる。

よほどのもの好き以外、観なくてもいいかなと思う。

ネタバレあり感想

まずね、6人の高校生が箱につめられて町にばらまかれているわけです。しかもそれぞれに装置まで作っているんですよ。
で、犯人は、同じ学校のガキンチョでした、というオチ。

いや、ムリムリムリムリ。
どうやって一人で、こんな大仕事を一夜でするねん。せいぜい犠牲者一人が出来るかできないかレベル。
複数犯だとして、その動機もぼやけるし、最低でも6人いるだろ。仲間を集めるでさえ大変だぞ。

ガキンチョの兄を加えても二人だし、無理です。

最後の犯人が出てきたとき( ゚д゚)ポカーンでした。
しかも、フラッシュバックして「気づかなかったでしょ?」みたいな犯人の出し方、観客をなめすぎですね。

設定は悪くないと思うんですよ。
ただ、出来は最悪レベル。
携帯電話を使えるようにしたはいいものの、それを活かしたお話作りが出来ていないという、ね。

足を縛られている人がいるんですよ。でも暗くてわからないと主張するわけ。いや、おまえ、携帯のライト使えよ。

いちいちツッコミどころがあるし、テンポもかなり悪いし、死に方が見せ所なのに、一人発作でぽくりと死んでしまうという……。

あとおれが一番笑ったのは、「警察と親にチクるな」と言いつつ、箱の中の映像をネットで配信しているところね。
犯行バラす気満々やん。