R-1ぐらんぷり 2018 感想

R-1ぐらんぷり2013 [DVD]

スポンサーリンク

ファーストラウンド

Aブロック

ルシファー吉岡

正統的な一人コントだと思う。息子が興奮しているエロ画像が○○、という設定自体はおもしろいんだけど、それだけで押し切ることができるネタじゃないような。
これの最高系がごっつええの餃子だと思う。
センスが問われるネタなのに、展開の仕方がベタベタなのできつい。

カニササレアヤコ

細かすぎるモノマネのさらに細かいところへ行っているという感じ。あるあるではなくて、モノマネすること自体をメタに扱っているところがすごい。
後半のショートコントは前半の世界観をぶち壊していて残念。前半の芸当を突き通せば良かったのに。
おもしろいかおもしろくないかで言うと、おもしろくはないと思った。

おいでやす小田

忙しいホテルのフロント係に、迷惑な客がしょっちゅう電話をかけてくるネタ。
共感を笑いにするタイプのネタなのに、共感しにくい。迷惑な客のタイプがありきたりだし、「怒り狂うほどか?」と思ってしまうほど、ホテルマンの行動と感情にリアリティがないと思った。
コミカルな演技をしているわりには台本が普通なんだよな。

おぐ

女子高生が禿げたおっさんに入れ替わってしまうネタ。
「ハゲなのに○○」というフレーズを多様するわりには、○○の部分に斬新さがない。
コントだから「実際は入れ替わっているわけではない」のに、ハゲを馬鹿にするというメタな笑いだとは思うんだけど、なら最後の感動路線いらないかな。
前回決勝に行ったときのネタが、ニコニコのコメントのような斬新なネタだっただけに残念。

Bブロッグ

河邑ミク

ネタバレにならない範囲で書くと、切り替える演技の落差のおもしろさになるんだろうな、と。
演技はいいんだけど、相手の反応にリアリティがない。都合のいい台本っていう感じがする。
相手が見えてこない一人コントだった。Aブロックのおいでやす小田もそうだけど、見た目が普通すぎて過剰演技が似合ってないと思う。

チョコレートプラネット 長田

個人的にはここまでのネタで初めて笑うことができたネタ。専門用語が羅列していくなかでワードの伏線を張って、尻上がりに良くなっていったかなという印象。
ネタの系統でいえばバカリズムに近いものでした。

ゆりやんレトリィバァ

いまの若い人は「男はつらいよ」観たことあるんだろうか。
寅さんのBGMとともに、それっぽいマドンナの声でそれっぽいセリフを言うというネタ。
声質が似てるなと思ったんだけど、だんだんバグっていくのがおもしろい。
ただこれ元ネタ知らなかったら、まったくおもしろくないんじゃないか?と思う。

霜降り明星 せいや

テンションと勢いだけで誤魔化す、古き良きピンネタという感じ。
これだったら「ハリウッドザコシショウ」のネタ見る方がいいと思ってしまった。
夜勤明けの変な状態でも笑えるかどうか怪しい。

Cブロック

濱田祐太郎

普通に上手い漫談。ただネタの構成が一本調子なので飽きる。題材が特殊なので新鮮味はあった。

紺野ぶるま

言っていることはめちゃくちゃなんだけど、女性の本音として筋が通っていておもしろい。
過剰気味だけど、演技としてはリアリティ路線なのかなと。台本とキャラとが合っていると思う。
ただ、笑わせるターゲット層がかなり狭いのが欠点か。

霜降り明星 粗品

もっと早い段階で決勝行ってればな、と思う。ネタの着眼点がすごい良いんだよな。他の人が見ない視点でボケを作っている。
玉石混交な気がしなくもないところと、そこまで笑えはしないのが欠点かな。
このネタに関しては、もっとスピードアップが欲しかった。

マツモトクラブ

ミュージシャン志望の青年から見た父親という独特な視点のネタ。
ひねりすぎている気がしなくもないのと、ネタの肝が夕飯のおかずという微妙さ。
個人的にはマツモトクラブ好きなのだけど、このネタに関しては微妙だと思う。

ファイナルステージ

おぐ

最初のラウンドと対を成す、ハゲのおっさんが女子高生に入れ替わったネタ。
最初のネタが伏線になっているので、ずるい気もするんだけどおもしろい。
個人的にはこのネタの方が好き。
かつら取るとこいらなかったんじゃないか?

ゆりやんレトリィバァ

これも元ネタある系なのかな? あるあるなんだけど、ネタの内容が普通なのであんまり面白さは感じなかった。
BGMと動きは良いと思う。

濱田祐太郎

普通に上手い漫談なんだけど、一方通行感がある。制限時間のせいかもしれないんだけど、もっと間と呼吸を意識した方がいいような、ずっと同テンポで疲れる。
長尺だったらもっと良い漫談になっていた気がして惜しい。

総評

これを読んでいる段階でネタバレもくそもないと思うので言うと、優勝は濱田祐太郎でした。
妥当ではないかと思う。盲人としての漫談をはじめて聞いたという新鮮さと、しゃべりの上手さからも納得の優勝じゃないかな。落語としてのRという点でも、一番優勝者らしいと思う。
個人的に一番おもしろかったのはチョコプラ長田でした。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする