映画「大洗にも星はふるなり」感想 福田雄一×山田孝之

大洗にも星はふるなり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大洗にも星はふるなり」っておもしろい?

今回ご紹介する映画は「大洗にも星はふるなり」だよ

福田雄一監督作品のクローズドなコメディ作品だね

とにかくキャラの濃い面々が集まっているわね

コメディなんだけど、途中から謎の感動があるよ

俺はちょっとダレたかな。ずっと海の小屋がメインだし。
最初は笑えておもしろかったんだけど、
途中からシリアスっぽい展開になったからな

まあ、派手な展開はないし、
そういう意味で人を選ぶかもしれないわね

ただ、俳優陣の豪華さは魅力よね
とくに山田孝之の演技は見ものよ

コメディがお好きな人は必見ですよ

あらすじ

「なんで、おまえがここにいるんだ?」

茨城県大洗にある海の家「江の島」。営業は8/31に終了し、そこで働いていた4人の男連中は別の道を歩んでいた。

しかし、クリスマスイブの日、なぜか次々と海の家へ男たちが集まってくる。

それぞれが同じ手紙に呼び寄せられたのだった。

それは、海の家のマドンナだった江里子からの手紙。

圧倒的マドンナの江里子からのお誘いに歓喜する彼らだったが、同じように4人とも手紙が来ているのなら話は変わってくる。

「俺が江里子に告白するんだ」

と争い合う彼ら。

さらにマスターや弁護士まで現れ、大洗は荒れに荒れまくる。

果たして江里子のハートを射止めるのは誰なのか?

いわゆるラブコメディなんだけど、
ヒロインの江里子(戸田恵梨香)は、ほとんど出てこないんだ

みんなの妄想や、トークがおもしろい映画だね

ネタバレあり感想

ここからはネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ

管理人感想

良い点

もともとが戯曲ということもあって、映画になるとちょっと画面が寂しいような気がします。

序盤はもう本当に楽しかったですね。

山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗ですから、どこのヨシヒコだっていう感じがします。

ベストシーンは、それぞれがマドンナ江里子との思い出を語るシーンでしょう。

麗しき恋の思い出を語っているのかと思いきや、弁護士の安田顕によって次々と歪んだ真実が明らかになっていく。

下手なミステリー映画よりも「真相」を暴いていくスリルと完成度がありましたね。

悪い点

弁護士までもが江里子のことを好きになってしまう辺りまではおもしろかった。

そこからシーンの飽きとともに、笑いも少なくなってしまったかな。

ウルトラバカの林くんが登場して、このマンネリ感を打破してくれるかな、と思ったら別の方向にいっちゃいましたね。

オチも想像通りだったので、「んー」と思ってしまいました。

それよりもキャラの強い彼らを活かして、もっと笑いをぶち込んでいく方が好みだったかな。

点数 60点

おもしろいんだけど、もう一声欲しいという感じです。

(国)邦画(点)60点台
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント