映画「トイ・ストーリー3」感想 ラストで号泣するしかない

トイ・ストーリー3(吹替版)

まだ観ていない人へ(ネタバレなし)

「トイ・ストーリー3」の評価

今回ご紹介する映画は
「トイ・ストーリー3」です

先日(2018年3月23日)
金曜ロードショーでも放送されたばかりよね

ラストまで観ると涙しかない
アンディと、ウディたちの絆にうるうる

トイ・ストーリーシリーズの
集大成みたいな作品だったよ

自分が子どものころ遊んでいた
おもちゃのことを思い出したわ

老若男女たのしめる
良い映画よね

ハラハラドキドキするシーンも多いし
エンタメとしても上質なんだよね

「トイ・ストーリー3」のあらすじ

前作から月日が流れ、アンディは17歳になっていた。
もうおもちゃを遊ぶ年齢ではなくなったアンディ。

ウディたちは何とかアンディに遊んでもらえるよう策をねるが、不発に終わってしまう。
そんなアンディは大学に進学するため、寮へと引っ越すことになっていた。

アンディはウディだけを寮へと持っていき、他のおもちゃを屋根裏部屋に送ろうとする。
が、手違いが起こり、おもちゃ達は、ゴミとして捨てられてしまう。

絶望した彼らは、サニーサイド保育園のおもちゃとして寄付される道を選ぶのだが……。
サニーサイドは、子どもたちが永遠と遊んでくれる楽園なのか……?

アンディが大学生になって
遠くへ行くことになるんですよね

1と比べると
その成長ぶりは感慨深いものがありますね

アンディは持っていくおもちゃとして
ウディだけを選ぶの

アンディがどれだけウディを大切にしているかがわかるわね
そして、ラストへの伏線にも繋がっていくのよね

バズ達は「サニーサイド」へ
行くことになるんですよね

ネタバレになってしまうから言いませんが
すごいところでしたね

下手なホラー映画よりも
恐怖を感じました……

「トイ・ストーリー4」について

実はすでに「トイ・ストーリー4」の
制作と公開が決定しているんだよ

アメリカでは2019年6月21日に公開されるんだ

日本ではまだ未定だけど
早いと良いよね

ストーリーは
ウディとボー・ピープのラブ・ストーリーになるらしいの

ボー・ピープは、3には出ていないから
彼女のファンには朗報よね

私はディズニーのラブ・ストーリー
大好きなので、期待してるよ

スポンサーリンク

鑑賞後の感想(ネタバレあり)

ここからネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ

こんにちは。管理人です。
トイ・ストーリー3もう何回目かわからないですけど、やっぱりおもしろかったですね。

良かった点

ラスト、アンディがボニーにおもちゃたちを紹介していくシーンは本当に良かったですね。

「サニーサイド」を踏まえてからだから、アンディがどれだけおもちゃを大切にしているかわかります。
そしてアンディにとって大切なおもちゃである「ウディ」。
なぜか入っていたウディをボニーにあげるか少し迷うんですよね。

それでもおもちゃを大切にしてくれるボニーに渡すことを決める。

「トイ・ストーリー」シリーズとして、一つ大きなものが完結した気がしました。
子どもとおもちゃの関係。
そして大きくなったあとのおもちゃの関係。
大切だったものが薄れていくなかで、それでも大切にしていたアンディの優しさに涙でした。

悪かった点

個人的には、ウディの成長はあんまり感じられませんでした。
1、2を通してウディが成長し切ったという点もあるんですけど、ウディもバズも良いやつになって、映画の重要な要素である「成長」はあんまり描けていない気がしました。

おもちゃ達のアンディへの評価も、いわゆる誤解ゆえですからね。
ラスト前のロッツォへ「あんなやつほっとけ」と下すウディ。
正論ですし、ロッツォはひどすぎたんですけど、そこら辺のシーンを前向きに描けていたら評価は変わってくるのかな。

ロッツォの性格形成エピソードは魅力的なのですが、悪役としてはかなり小物で、ラスト辺りの彼の行動の描き方はどうなのだろう。
人によって評価がわかれるような気がしましたね。

ロッツォがもう一度人間を信じれるようになれば「成長」を描ける。
ただ、そうすとストーリーがごちゃごちゃするので仕方ないのかもしれません。

点数 80点

個人的には1の方が完成度が高かったような気がします。
魅力はいっぱいあるんですけど、物足りなさもあるんですよね。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする