映画「セブンティーン・アゲイン」感想 もしも17歳に戻ったら

セブンティーン・アゲイン(字幕版)

まだ観ていない人へ(ネタバレなし感想)

見所「もしも17歳に戻ったら?(時代はそのまま)」

「17歳の男子高校生に戻る」って聞いたらありがちな感じがあるけれど、この映画では「時代は戻らない」というところが他とは違う点ですね。

男子高校生に戻って、自分の息子や娘と同じ学校に通うんです。

大人のときは話しかけても嫌われるだけだった父親が、同年代という立場で少しずつ息子や娘と仲良くなっていく。

同時に父親のときには気づかなかった子供達の問題にも気づき、どうにかしようと努力していくストーリーです。

同時に「妻との復縁」をはかる話にもなっています。

制作情報

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監督 :バー・スティアーズ
出演 :ザック・エフロン、マシュー・ペリー……etc

あらすじ

17歳のマイクはバスケのプロ選手を諦め、恋人であるスカーレットと生きる人生を選んだ。

それから数十年、マイクとスカーレット二人の関係は最悪だった。そして、とうとう愛する妻スカーレットから離縁を突きつけられてしまう。

2人の子どもからも嫌われ、昇進も逃し、どん底状態のマイク。

過去の栄光を思い出すため高校へ行ったマイクは、そこで用務員のおじさんに出会う。

用務員のおじさんによって、マイクは17歳の姿に戻るのだが……。

評価

 アイデア/設定

 「タイムスリップ」ものではなく、「変化」もの。
ありきたりなアイデアに一手間加えたのが素晴らしい。

ストーリー

 だいたい想像のつくストーリー展開。
ストーリーに関しては、目新しさはない。
「家族愛」と「夫婦愛」を描いている。
ただ、ラストの捻りは良い。

キャラクター

 主人公マイクの友人であるネッドがコメディ担当としていい味を出している。
高校生になった主人公がかっこよくて、チート感がある。

総合評価 60点

 普通におもしろいんだけど、「普通」からは出てこない印象。
「おおー」と言う展開があれば、また評価は変わってくるのかな。
スポンサーリンク

ネタバレあり感想

ここからはネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ。

ラストの良さ

バスケットボールの試合中にボールを投げ出したマイク。

17歳に戻ったマイクに、再びバスケットボールの試合が訪れる。

「バスケ」ではなくて「恋人」を選んだ彼に、再び同じ選択肢が現れる。

普通の映画であれば、違う選択をするのだけど、マイクが再び「恋人」を選ぶのが素晴らしい。

どれだけ主人公マイクが、妻であるスカーレットを愛しているかわかる。

あえて同じ選択を取らせる脚本は見事。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする