ドラマ「黒井戸殺し」感想 卒倒にマグカップはいらない

あらすじ

昭和27年3月、片田舎・殿里村で、富豪の未亡人・唐津佐奈子(吉田羊)が寝室で死亡しているのが見つかった。村で唯一の医師である柴 平祐(大泉洋)は、その検死のため朝から唐津邸を訪れた。死因は睡眠薬の過剰摂取。佐奈子は昨年、夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したのでは、と推測する。柴の親友で村一番の富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでいたため、彼女の死に大変なショックを受ける。黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴と二人になると、佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた、と明かした。そこへ、佐奈子から遺書が届く。黒井戸は一人でそれを読みたいと言ったため、柴は屋敷を後にした。屋敷を出たところで、柴は、復員服を着た見知らぬ男(和田正人)とすれ違い、不審に思いながら帰宅する。すると、黒井戸が何者かに殺害された、と黒井戸の執事・袴田(藤井隆)から電話が来た。柴が屋敷に駆け付け袴田に聞くと、そんな電話をした覚えはないと言う。嫌な予感がした柴は、黒井戸の部屋の鍵を壊し中に入ると、黒井戸が短剣で背中を刺されて死んでいた。

引用元:黒井戸殺し公式ホームページ「ストーリー」から

あらすじだけを読むと、よくある殺人者ですが、驚愕のトリックが仕掛けられています。

スポンサーリンク

感想

三谷幸喜がアガサ・クリスティ原作『アクロイド殺し』をドラマ化するということで、興味津々で見てみました。

『アクロイド殺し』と言えば、ネタバレ(犯人)を知っている人も多いことでしょうし、ドラマ化はなかなか難しいのでは?と思いました。

見終わった感想としましては、いささか長すぎたのと、CMの多さに辟易したものの、わりと楽しめるドラマになっていたと思います。

個人的にで言えば、アガサ・クリスティ原作をドラマ化するのであれば「検察側の証人」の方を見てみたかったです。

「検察側の証人」を元に、ビリー・ワイルダーが「情婦」という映画を撮っているので、そっちをリメイクして欲しかった。

ビリー・ワイルダーと言えば三谷幸喜が尊敬する監督の一人でもあるので、今回のドラマ化にあたって恐らくこの映画を思い浮かべたんじゃないか、と推測します。

「情婦」もミステリーでありながら、ビリー・ワイルダーらしいコメディ要素が盛り込まれており、クオリティの高い映画になっています。

次ドラマ化するときには是非「情婦」をリメイクして欲しいですね。

ネタバレあり感想

ここからネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ。

「アクロイド殺し」を映像化するとなると、一番問題になるのはどういう風にアレンジするのかというところかと思います。

やはりそこは三谷幸喜ということでコメディ成分を色々と見受けられました。

とくに最後の「なんでかぼちゃ栽培でこの村を選んだんだ」(うろ覚えなので間違ってるかもしれませんが)には笑ってしまいました。

大泉洋はこれから死のうとしているという極めてシリアスなシーンで、笑いを入れてくるのは、なかなか恐ろしいですね。

ただ、今回の一番の笑いポイントは草刈民代が演じた黒井戸満つるだったかと思います。

卒倒する演技のためにマグカップを遠いところに置いたり、開けた扉を閉めないことを自慢したり、遺産が10万円なことに文句を言いまくったりと、高慢なのにどこか憎めないキャラクターでした。

謎解きパートに入ったときに残り1時間近くあったのですけど、なんだかんだ一番楽しめたのは、謎解きパートでしたね。

犯人が大泉洋だと知っている人には、探偵の皮肉にも結構楽しめたんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. イザーク・ヴァイスハイト より:

    「なんでかぼちゃ栽培でこの村を選んだんだ」

    原作小説の最期もコレです。