映画「アパートの鍵を貸します」感想 77点

アパートの鍵貸します [DVD]

あらすじ

ニューヨークの保険会社で働くバクスターは、自分のアパートの鍵を色々な上司に貸していた。

ある日、部長から呼び出されたバクスターは昇進かと思いながらワクワクしながら赴くと、話は例の鍵のことに。

部長に鍵を貸したバクスターは、徐々に昇進をしていくのだが……。

部長の浮気相手は、バクスターが恋い焦がれるエレベーターガールだった。

スポンサーリンク

解説

ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンが共演したラブコメディ。

「アパートの鍵を貸します」が好評だったため、数年後には同キャストで「あなただけ今晩は」という映画が撮られている。(注)続編ではない。

ストーリーの完成度が高く、とくにバクスターが、部長の浮気相手に気づくシーンは絶妙。

ラストの終わり方も完璧に近い。

ジャック・レモンの哀愁あふれる演技も魅力的で、現代でも楽しめるラブコメディになっている。

ネタバレあり感想

ここからネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ。

バクスターが観ているテレビで実在の映画が使われていたり、上司たちが「失われた週末」のことを口にだしたりしているのが、わりとおもしろい。

自殺未遂をして休むことになったキューブリック。バクスターが買い物に行ったあと帰ってくると「ガスの匂い」が漂ってくる。

バクスターが慌ててドアに入ると、ただたんにガスがつけっぱなしになっただけというシーンがある。

これが後半、キューブリックがバクスターの家にやってきて銃声が聞こえてきて、慌てて入るとシャンパンを開けただけ、というシーンにつながってくるからおもしろいよね。

バクスターが失恋した相手から「クリスマスにケーキが送られてくる」という話。

「部長はどうしたんだ?」という問いかけに、キューブリックが「クリスマスにケーキを送るわ」と返すのが素晴らしい。

そして、ラストはトランプの3試合目。

でも、このトランプの試合は、バクスターが2連勝しているんだよね?

ここでそれぞれ1勝ずつだったら良かったのにな、と思わなくもない。

ただ、ジャック・レモンがマクレーンを見つめながらトランプを切り続けて終わるのは最高に近い。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする