海外アニメ「ハービー・ストリート・キッズ」(シーズン1ー1)感想

Netflixでおもしろい映画ないかなと探していたところ、「ハービー・ストリート・キング」なる海外アニメを発見。

幼少期に離乳食とカートゥーンネットワークで育った身としては、是非とも見るしかないのではなかろうか。

どこか懐かしさのあるカートゥーン臭がぷんぷんする。
ということでさっそく視聴。

ストリートが舞台ということもあって、「エドエットエディ」にテイストは近いんじゃなかろうか。

主役はハービー・ガールズという3人の女の子。
オードリー、ドット、ロッタ。

町の平和を守るために戦うというストーリー。
ここからネタバレありになります。観賞後にどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦争とアイスクリーム

アイスクリーム屋のタイヤがパンクしてしまい華麗にタイヤを交換するハービー・ガールズ。
業者かよ。

よっしゃーアイスクリーム食べるぜ、となったとき、オードリーが鼻をくんくんしながら一言。
「不公平の臭いがするわ!」
良いフレーズすぎて笑う。

オードリーの部屋へ行くと、ちびっこい少年タイニーがめそめそ泣いてる。
どうやらツリーハウスに入りたいのに、小さいという理由で断られたらしい。

ここでライバルと言うべき、ブルーギー・ボーイズが登場。
3人のグループで、ボスは王冠被ってるス○夫みたいな男の子。

なんやかんやあって、ツリーハウスを守るブルーギー・ボーイズとの戦争がスタートする。

見所は太り気味の女の子ロッタのイケイケなダンス。

しかし、ツリーハウスでの戦争とか海外アニメらしくて最高だった。

物々交換

欲しいものを交換できる物々交換。
ハービー・ガールズは、マイリトル○ニーのパチモノのようなフィギアを手に入れようとするのだか、そのためにはレアカードと交換しないといけない。
しかしハービー・ガールズはカードを持っておらず、パチモノを作ることにした。
しかし、それがバレてしまい、物々交換の場にはパチモノや取り戻しが流行することに!
最終的にアライグマに占領されるという最悪の事態になってしまう!

この回で、サブキャラクターたちが多数登場する。
みんな個性的でなかなか愉快。
とくに気に入ったのはフルフルというしかめっ面の女の子。
自分の顔を見ているときだけ笑顔というナルシストぶりを発揮する。

その他にもお菓子に包まれている男の子とか、いかにも怪しげな女の子とか登場する。

最終的にみんなで組体操のように積み重なってアライグマを追い払うという話だった。

海外アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント