怖い! Huluで見ることができるおすすめホラー映画(2018年7月)

動画配信サイトHuluで見ることができるオススメのホラー映画をまとめてみました。

暑い夏を恐怖の涼しさで乗り切りましょう。

Huluのおすすめホラー映画10選

①チャイルド・プレイ

あらすじ

刑事に追われた殺人鬼は、逃げ込んだおもちゃのお店で死亡。死ぬ前に殺人鬼は、おもちゃの人形に呪文を唱えた。それから数日後、6歳になった少年アンディは誕生日に母親から欲しかったチャッキー人形を貰う。それはアンディの母親が路端で安く購入したものだった。しかし、チャッキー人形には、あの殺人鬼の魂が入りこんでおり……。

オススメポイント

夜中に動き出し、相手を死に追いやるチャッキー。ホラー作品としてはかなり有名ですが、やはり怖い。

タクシーでの攻防シーンや、ラスト近くのシーンなど、小さいころに見たらトラウマになりそうなシーンが盛りだくさんですね(R15です)。

たかが人形、されど人形。

怖さを求めている方にオススメです。

②悪魔のいけにえ 公開40周年記念版

あらすじ

うだるような暑い夏の日。5人の若者たちはワゴン車でテキサス州へと帰ってきていた。最近、墓荒らしが流行しており、遺体が盗まれるという事件が発生しているようだが……。

5人の若者はヒッチハイクをしていたある男を乗せてしまう。しかし、それが恐怖の前兆だった。

オススメポイント

こちらも有名な殺人鬼「レザーフェイス」が生まれた映画。

見たらトラウマになること間違いなしです。

とにかく「捕まった」あとがやばい。狂いの描き方が半端ではないです。

殺人鬼ものであるのに対して、真夏のテキサスということもあって結構明るかったりするのがまた怖いですね。

③キャリー

あらすじ

いじめられっ子だった女子高生のキャリーにはある特殊能力を持っていた。

キャリーは片思いの相手とプロムに行くことになるのだが、それはいじめっ子たちの罠であり……。

怒りによってキャリーの能力が解き放たれてしまう。

オススメポイント

スティーブン・キング原作で後にリメイクされるホラー映画のキャリー。

恐怖の対象が女子高生であるのもおもしろいですね。

どんどん過激になっていくキャリーの行動は、どこか悲しいものがありますね。

④パラノーマル・アクティビティ

あらすじ

同棲をはじめた恋人たちは、毎晩、家の中で起こる奇怪な現象に襲われていた。恋人たちは快気現象の原因を探るため、部屋の中をビデオカメラで撮影するようになるのだが……。

オススメポイント

「パラノーマル・アクティビティ」は怖いか怖くないか評価がかなりわかれる作品だと思います。

ただ、僕としては一番ホラーをちゃんとしている映画だと感じますね。

この映画で描いては「わからない、見えない恐怖」です。

「ゾンビや化物が出て怖い!」という人には向いていないでしょう。

ちなみに続編は見なくていいと思います。東京編はなかなかいいですが。

⑤フローズン

あらすじ

スキー場でラストの滑りを楽しもうと、ダン、ジョー、パーカーの若者3人がリフトへと乗り込んだ。しかしスタッフはもう客はいないと思い込み、リフトを停止してしまう。途中でとまってしまったリフト。しかも週末のため月曜日にならないと動かない。降りようにも地面までにはかなり距離がある。

逃げれず、ただ凍えるだけという恐怖の遭難が始まる……。

オススメポイント

リフトで立ち往生という実際にありえそうな恐怖を描いた作品。

ずっと凍えているだけかと思いきや、3人は結構アクティブに脱出を図っていく。

誰が生き残るのか、それとも誰も生き残らないのか、予想しながら見るのもいいかもしれない。

シチュエーションスリラーが好きな人にオススメ。

⑥呪怨

あらすじ

【呪怨】

それは「強い怨みをかかえて死んだものの呪い。死んだものが生きているときに住んでいた場所に蓄積される。やがて「業」となって、その呪いに触れたものは命を落とし、新しい呪いが生まれるのだった……。

オススメポイント

日本ホラーの有名な映画といえば呪怨かリングだと思います。

貞子と比べると知名度は若干劣るのですが、この映画の主役といえる伽椰子はかなり怖いです。とくに階段を這いずりながら降りていくシーンは恐怖としかいいようがありません。

未視聴の方は、ぜひチャレンジしてください。

⑦リング

あらすじ

その「ビデオ」を 見るとちょうど一週間後に死んでしまう。「呪いのビデオ」の取材をしていたテレビディレクターの浅川玲子。その親戚の娘が、呪いのビデオを見て亡くなってしまう。そして、事件を調査していくうちに玲子も呪いのビデオを見てしまう。玲子に相談され、元夫で超能力者の高山竜司も呪いのビデオを視聴。残された時間は一週間。二人は、呪いを解くために調査を続けるのだが……。

オススメポイント

「呪いのビデオ」ということで、いまは見かけないビデオが出てきます。

貞子は日本のホラー映画界ではかなり愛されている存在だと思います。ホラーとしての怖さもさることながら、キャラクターとしても魅力がありますよね。

最近では、「貞子3D」や、「貞子vs伽椰子」といった作品でリメイクされています。

そんな貞子を生み出した「リング」は、個人的にはリアリティがすごいと思っています。郷土的なミステリーもありつつ怖さもしっかりしている印象です。

⑧着信あり

あらすじ

ある日、携帯に奇妙なメッセージが届く。身の毛もよだつような悲鳴が録音されていた。発信者の番号は、なぜか自分の番号で、着信時刻は3日後だった。いたずらだと軽く流されたが、数日後その人は、同じような悲鳴をあげて死んでしまう……。

そして、また奇妙なメッセージが誰かに届く……。

オススメポイント

携帯もいまはすっかりスマホに変わってしまったのですが、内容としては呪いのビデオ形式ですよね。

死の予告というのは、どうしてそんなことが起こるのか、とか、どうやって死から逃れられるのかといったおもしろさがあります。

「着信あり」も人気シリーズで、続編が幾つも制作されています。

身近なものが恐怖の対象になるのは、やはり怖いですよね。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする