映画『カメラを止めるな!』感想 85点

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今世紀最高のコメディ映画

自主制作ながら口コミで話題を呼んでいる『カメラを止めるな!』を観てきましたが、期待を裏切らないくらいおもしろかったので絶対に観た方がいいと思います。

自主制作映画ということで僕が想像していたのは「荒削りだけど、いままでにない発想なのかな?」と思っていました。
でも、違いました。
この映画、単純にめちゃくちゃ出来の良いコメディ映画です。

僕はM-1やキングオブコントの予選を観に行ったことがあるのですが、マジで「笑いの瞬間最大風速はM-1の予選と同じ」です。
会場が揺れんばかりにみんな笑っています。

映画館で観たコメディ映画の中で、間違いなくこの『カメラを止めるなが!』が一番観客を爆笑に誘っていました。

映画が好きであれば、真面目な話、会社や学校をサボってでも観ておいた方がいいと思います。

内容について触れるとおもしろさが半減してしまうので、ここではしません。

ただ、一方でこれは映画なんだろうかという思いもあります。映画であることは間違いないのですが、どちらかというとバラエティや長尺のコントの方に近いんじゃないかなという気持ちもあるんですよね。
映画的な価値という面で人を選ぶのかどうかは、僕にはわかりません。

僕的には『カメラを止めるな!』は、おもしろくないと思う人はいないんじゃないかレベルで出来が良いと思うんですよね。
他人に映画を薦めない人でさえ、この映画は観たら絶対に他人に「おもしろいから観たほうが良い」と言いたくなる映画なんですよ。
そこら辺がこの映画がヒットした理由でもあると思います。

おすすめ上映館

実際、『カメラを止めるな!』を観たくても観れない人は少なくないと思うんですよ。
いまのところ上映館が限られているので、公式からチェックしておいた方がいいでしょう。

いま(7月末)だと、東京はチケットを取るのがかなり難しいと思います。というわけでオススメは大宮にある「イオンシネマ大宮」ですね。大宮は東京からも比較的アクセスが良いので、当日予約でも席が空いていたりします。
サイン入りのポスターもありますよ。

ネタバレあり感想

ここからネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ。まだ観ていない人は絶対にこの先は進まないでください。ただ、念の為かなりぼかして書きます。

と、書いたのですが、ネタバレを書くのは良心が咎めますね。なので、純粋に惜しいと思うシーンだけ書くんですが、観た人はわかると思う何回も刃物を振り上げるシーンがあるじゃないですか。
あそこで爆発的な笑いを期待してしまったので少し惜しいと思ってしまったという感じですね。序盤の「嘘だらけ」をふまえて、怒りという意味でやってくれたら「なんで何回も振り上げるんだ?」という疑問を良い意味で笑いに昇華してくれたような気がします。
あと、ラストの人間○○○○○は、おもしろかったんですが、唐突感も感じましたね。他は伏線が完璧だったので、見落としている可能性もありますが、何か伏線があると良かったかなと思います。
あとは、構成も伏線もキャストも完璧でした。映画の序盤シーンで、まさかあんなに笑えるとは思ってもみなかったです。

すげえ雑なゾンビ映画を見たいという人はこちらの処刑島を観るといいかもしれません。ただ、本当にひどい映画です。ひどいまま終わります。

(点)80点台(類)コメディ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント