(類)ミュージカル まとめ

オススメのミュージカル映画5選

投稿日:

雨に唄えば (字幕版)

ミュージカル映画のオススメを紹介します。

雨に唄えば

あらすじ

映画がまだサイレントだった時代。俳優ドンと大女優リナ、国民に愛する映画スターであり、大スター同士のカップルと噂されていた。しかし実際は、リナの片思いだった。そんな中、ドンは偶然出会った舞台女優キャシーに惹かれてしまう。
やがてトーキー映画の「ジャズ・シンガー」が大ヒットしたことにより、ドンとリナの次回作がサイレントからトーキーに移り変わる。
ただ、リナは極度の音痴で……。

感想

ミュージカル映画で1,2を争う人気作であり、ジーン・ケリーが雨の中歌うシーンはあまりにも有名。
ミュージカルとしてかなり動きが激しく、軽快なダンスシーンを見ていると気分が晴れ上がるほど。

 

サウンド・オブ・ミュージック

あらすじ

舞台は、オーストリアのザルツブルクで、第二次世界大戦が近づいている時代。
修道女見習いのマリアは、よく修道院から抜け出し周囲の修道女から呆れられていた。見かねた修道院長に、トラップ大佐の7人の子供たちの家庭教師をするように言われる。
マリアは7人の子供たちと仲良くなり、トラップ家にかかせない存在になっていく。

感想

ブロードウェイのミュージカルを原作に映画化された作品。ミュージカルとしては子供たちのかわいらしさが光る。

 

オズの魔法使

あらすじ

カンザスの農場で生活している少女ドロシーは、ここよりよい場所があると夢想している。家出をした彼女はトルネードに巻き込まれて家ごと吹き飛ばされてしまう。辿りついた場所は魔法の国オズだった。

感想

ファンタジックなミュージカル作品。
勇気がほしいライオンや、心のないブリキ、脳のないカカシなど、キャラクターも魅力的。

シェルブールの雨傘

あらすじ

アルジェリア戦争中のフランス。港町シェルブールで働く自動車整備工ギィと傘屋の娘のジュヌヴィエーヴは結婚を考える恋人同士だった。
やがてギィに召集令状が届き、2年間の兵役を命じられることに。別れを悲しむギィとジュヌヴィエーヴは、永遠の愛を誓いあって、シェルブール駅で別れる……。
2年後、ギィは兵役を終えて帰ってくるのだが……。

感想

まさかの全編ミュージカルという凄まじい作品。
ミュージカルとしては珍しく悲しい作品だが、シェルプールの雰囲気もあってとにかく美しい。

 

ダンサー・イン・ザ・ダーク

あらすじ

チェコからアメリカにやってきた移民セルマは、工場で働きながら息子ジーンと2人暮らしをしていた。
だが、セルマは先天性の病気を患っており、盲目になりつつあった。息子ジーンも彼女からの遺伝により13歳で手術をしなければいずれ失明してしまう。
セルマは息子の手術費用を貯めるため必死で頑張るのだが……。
 

感想

暗さの中に輝きのあるミュージカル映画。
バッドエンドとして有名な作品だが、個人的にはバッドエンドではないと思う。
色々なことを考えさせられる良い映画。
 

-(類)ミュージカル, まとめ

Copyright© 路地裏シネマ , 2019 All Rights Reserved.