海外ドラマ『THE FLASH』(フラッシュ)シーズン4 第7話 感想とネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでのあらすじ

バリーがスピードフォースから出たことによるダークマターによってバスの乗客12人がメタヒューマンになってしまう。
計画したのはデヴォーという人物だった。過去のヴィランたちがその名前を口にしていたことを思いだしたバリーは、居場所を捜索。
ウェルズ評議会によって、もっともそれらしいデヴォーを発見する。
チームフラッシュは、デヴォーの家を訪れるが……。

あらすじ ネタバレあり

バリーとジョーは、デヴォー夫婦のもとを訪れるが、悪の要素は見当たらない。
しかし、バリーは家の壁にサムライの絵があることを発見。
バリーの直感は、目の前の車イスの男が宿敵デヴォーだと告げていた。

フラッシュは何度もデヴォー教授に接近して質問を重ねる。
その行き過ぎた捜査が原因で、警察にクレームが入る。

デヴォーの持っていたマグカップをこっそり持ちかえったバリーだったが、メタヒューマンの痕跡は一切なく、バイブをしてみても幸せそうな朝食のシーンしか映らなかった。
バリーはかたくなに宿敵デヴォーだと主張するが、チームフラッシュはみな、デヴォー教授はシロだと思っていた。

スターラボにひとりでいたバリーは、バイブ音を感じる。携帯ではなく、サムロイドの頭部から発していた。
バリーは、サムロイドの中からカメラを発見。
その足で、夜中のデヴォー宅に潜入する。

しかし、その潜入がバレてしまいバリーは2週間の停職処分と、デヴォー夫婦の接近禁止命令が出てしまう。

悩むバリーは正攻法に出ることに。
まだ人が集まる前の講堂におもむき、デヴォーの前に立ちふさがる。
「お前は本当は何者だ」というバリーに、とうとうデヴォーはその正体を明かす。

地上最速のフラッシュ。
そして、地上最高の頭脳を持ったデヴォー。
いま、戦いのゲームがスタートする。

そして、宇宙からやってきたヒトデと戦ってきたウォーリーがスターラボに帰ってきた。

感想 ネタバレあり

バリーが「あれはデヴォーだ、デヴォーだ」といっているのに、みんながまったく信じようとしなくてかわいそうだった笑

視聴者もあいつデヴォーだよなと思っていたと思うから、なかなかストレス。

最終的にバリーが正しいことが認められたのに、みんな超あっさりという……笑

ま、それはさておき印象的だったのは、ゾーンがデヴォーに送った一言だろう。
「幸運を祈る」
まさかシーズン1のウェルズが出てくれるとは思わなかったので嬉しい。

いままで、スピードスター同士の対決だったわけだけど、今回はどういう戦いになるのかあんまり予測つかない。
デヴォーの座っている装置が高速で動きだしたら笑う。

そしてウォーリーが帰ってきたわけだけど、宇宙からやってきたヒトデってジャステスリーグのあれではないのか?
どっかとコラボって来たのか、ジャステスリーグジョークなのかわからなかったけど、笑った。

海外ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント