海外ドラマ『THE FLASH』(フラッシュ)シーズン4 第16話 感想とネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでのあらすじ

バリーがスピードフォースから出たことによりダークマターが放出。セントラルシティに新たなメタヒューマンを誕生させてしまう。
これを仕組んだのは宿敵デヴォーだった。デヴォーは新たなメタヒューマンたちの体と能力を乗っ取ることでさらにパワーアップ。
バリーたちは、デヴォーを止めようとするが良い案が思いつかない。

あらすじ ネタバレあり

残りの3人をどうすればいいのか話し合うシスコとハリー。
寝ようとするシスコ。ハリーウェルズはある秘策を思いつく。

知能増幅機を思いつくハリーウェルズ。
デヴォーと同じように知能を増幅させようと提案する。
シスコは反対する。

出ていったラルフに、アイリスが追いかけていく。
「ラルフは自分の身だけ守る」といって去っていく。

カフェで話し合うジョーとバリー。
復職の件に時間がかかる、と告げる。

炎を出して銀行を襲うメタヒューマン。
一人の青年が止めに入ると、何故かメタヒューマンの力が消えてしまう。

炎のメタヒューマンは元祖のメタヒューマンだった。

消えた理由を話し合うスターラボ。
止めにいった青年が、怪しいということになる。

アイリスは、その青年キムに話を聞きに行くことに。

ハリーウェルズと装置を作るラルフ。
脳抑制装置を被るハリーは、20倍賢くなっていた。
しかし、装置が燃えてしまう。

キムのもとへ訪れたジョーとアイリス。
アイリスを助けに行くバリー。
しかし、キムの力によってバリーの能力がアイリスに移ってしまう。

シスコに手伝いを頼むハリーだったが、断られてしまう。
ケイトリンは、シスコに「キャップを作りつつハリーを守る方がいい」と言う。

アイリスの特訓に付き合うバリー。
バリーは職も力も失い落ち込んでいた。

町で、火災が起きる。
アイリスが出動して、バリーが通信役になることに。
人質を救出するアイリス。
火を止めようとするが、足が挟まって身動きできなくなってしまう。
すんでのところでアイリスを救出するシスコ。

ケイトリンは「パワーを移すのが駄目だった」と告げる。
キムを見つけるしか方法がなかった。

ハリーウェルズに、キャップを作るのを手伝うというシスコ。
ダークマターを使わないという条件を出す。

炎の能力が移ったメタヒューマンと、それを止めようとするキムが出現する。新しいスーツに身をまとったアイリスが出動する。

炎の渦を作るメタヒューマン。
どうすればいいのかわからないアイリス。

ハリーが脳抑制装置を被り、成功する指示を出す。
それは海の水を引き込むことだった。

できないと言うアイリスに、僕たちはみんな君を信じてるとアドバイスするハリー。

高潮を作り出すことに成功し、炎の渦を消し去る。

キムの力によって、再びスピードがバリーのもとへ戻る。
「もう力は使わないようにするよ」というキム。
チームフラッシュは、彼を仲間にする。

ラルフのもとへ行くアイリス。
アイリスは、ザビターに狙われていた経験から得たものを語り、怯えるラルフを鼓舞する。

脳抑制装置の実験を繰り返すハリー。
残りの2人が誰なのかを導きだす。

 

感想 ネタバレあり

14話のやる気に満ち溢れたラルフはどこへ行ったんだ? と思うほど今回のラルフは腰抜けだったね。
14話のラストがなかったら、目の前でイジーを失うことで怖じ気づくのはわかる。
でも、14話であんなふうに決意をもたせておいて、このキャラ造形は上手く繋がっていないような気がする。

今回は、アイリスがスピードスターになるというおもしろい回。
色々と新鮮だった。
なんとなくキムは早々に退場しそうな予感。

そしてシスコのセリフから「スパイダーマン2」が飛び出る。
シスコは何でもありだな。

 

海外ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント