海外ドラマ『THE FLASH』(フラッシュ)シーズン4 第22話 感想とネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでのあらすじ

人類の知能を初期化させてテクノロジーを忘れさせる「光の計画」のため、12人のメタヒューマンを作り上げたデヴォー。
メタヒューマンの能力と体を次々と乗っ取っていき、バリーの仲間ラルフまでもその手中に落ちてしまう。
衛星も完成し、「光の計画」を実行しようとした段階で、マリースと決別してしまう。

一方フラッシュたちは、デヴォーの衛星を破壊するため、アミュネットからアルニコ爆弾を預かっていた。

あらすじ ネタバレあり

アーガス機密作戦施設。
ディグル捜査官に扮したデヴォーは、施設の人達を次々と葬っていく。
デヴォーの目的は、核のメタヒューマンであるニールだった。

衛星を打ち上げるなら飛行場だと推測するシスコ。
ハリーの知能低下は進み、さらに頭があやふやになっていた。

デヴォーについて書いたアイリスのブログは、すごい観覧数になっていた。
「デヴォーがニールを」と情報が入る。

アーガスの機密作戦施設キャッスルはデヴォーに乗っ取られ、ニールを衛星打ち上げのエネルギーに使おうとしていることが明らかになる。

光の計画まで残り12時間。
作戦を立てるチームフラッシュ。

セシルは妊娠間近だった。病院に連れていこうとするジョー。
セシルの様子が変になってしまう。

マリースを追っているアイリス。
ハリーは「知るべきは事実ではなく感情だ」とアドバイスする。

デヴォーを阻止し、人質も助ける方法を見つけたというシスコとケイトリン。
それはフラッシュタイムに、連れていってもらうことだった。
力を放てば、フラッシュタイムを共有できることを調べたケイトリンとシスコ。

フラッシュタイムの訓練をすることに。

セシルは、妊娠間近で近くの相手になれるようになっていた。

アイリスとハリーは、マリースの捜索をしていた。
ハリーは「マリースと手を組もう」と、提案する。
しかし、アイリスは反対する。

フラッシュタイムの訓練を続ける3人。
シスコは、フラッシュタイム中でも裂け目を作れるようになっていた。
しかし、訓練中にケイトリンは飛ばされて脳震盪を起こしてしまう。
「君たちを死なせたくない」と訓練の継続を嫌がるバリー。
しかしシスコの熱い思いに説得されて、フラッシュタイムの訓練を引き受けることに。
だが、ニールはすでにエネルギー源にされていた。

アーガス秘密基地へやってくるバリー、シスコ、ケイトリン。
シスコとケイトリンは人質を救い、バリーはポケットディメーションから逃げるデヴォーに追いつく。

街中で5つの衛星を打ち上げるデヴォー。
フラッシュがそのうちの1つを、アルニコ爆弾で爆発させる。
しかし、デヴォーはまったく動じていない。

自宅に戻り、マリースの居場所を調査しているアイリスのもとに、ハリーがやってくる。
ハリーとの会話の中で、マリースの居場所を突き止めたアイリスは、マリースのもとへ。
マリースに協力を要請する。

スターラボに戻ってきたバリーたち。
しかし、スターラボの衛星がデヴォーによって乗っ取られてしまう。
かくして、5つ目の衛星が打ち上げられる。
人類の初期化が迫っていた。

感想 ネタバレあり

デヴォーが様々な能力を使って、基地の軍人たちを倒していくシーンはなかなか爽快。

一言で言えば「強すぎる」

今回はハリーとアイリスの会話がおもしろかった。
アイリスの部屋は5号室なのに、4号室のドアをバンバン叩いたり、アイリスが「マリースの居場所がわかった」と言ったあとに「4号室だな!」と自信満々に言うハリーに笑ってしまった。

デヴォーとの直接対決あるのかなと思いきや、基本的に「光の計画」を優先している感じだね。
世界の危機が迫っているという映画みたいな展開になってきた。
これまでのシーズンの敵は、「フラッシュに恨みがある」といった感じだったけど、デヴォーはあんまりフラッシュに興味がないという感じか。

なんにせよ、次がシーズン最終回。
どんな終わりになるのか楽しみだ。

海外ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント