M-1グランプリ2018決勝予想

M-1グランプリ2018がついに明日開催されるということで、予想しようかと思います。遠足と一緒で始まる前が一番ワクワクしますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な予選敗退者

さや香…準々決勝敗退
ミキ…準決勝敗退
スリムクラブ…準々決勝敗退。
アキナ…準決勝敗退。

去年のファイナリストで言うとこの二組は予選で敗退しています。さや香は去年よりネタのテイストを変えてきて個人的には良かったかなと思います。

カミナリ…不参加
ハライチ…不参加

カミナリが不参加の理由としては新しいスタイルの漫才ができなかったとのこと。吉本以外の事務所のファイナリスト有力所が出場していないという感じですね。

予選敗退した中で個人的におもしろかったコンビ

・怪奇!YesどんぐりRPG
・ぺこぱ
・納言
・たくろう
・金属バット
・Dr.ハインリッヒ

怪奇!YesどんぐりRPGのネタは人によっては「今年のM-1で一番笑ったネタ」の可能性もあるくらいおもしろいネタですね。漫才とは言えないキワモノ枠ですが、このスタイルは発明だと思います。かなり中毒性の高いネタ。

ぺこぱは、ツッコミの形が新しくて好きでした。誰も傷つけない多様性のあるツッコミだと思います。パンクブーブーの叙述ネタを応用したようなツッコまないツッコミは新鮮の一言。レッドカーペットがまだやっていたら人気になっていた気がします。

納言は、本筋のネタはそこまでおもしろくはないんですが、あいだあいだに挟まれる地名ボケが最高なんですよね。

たくろうは、とにかくボケのキャラクターとワードセンスが抜群かと。たくろうは数年のうちに決勝くると思います。

金属バットは、THE MANZAI終盤~M-12015の予選で注目されはじめたコンビですね。黒木華が好きなコンビ名であげるなど、かなり注目度が高まってきている漫才師だと思います。準々決勝の「漫才師」のネタが、M-1を意識してフレッシュアップされていたのがとても良かったです。こちらも来年あたり決勝行きそうではないかと。

Dr.ハインリッヒも、THE MANZAI初期あたりに認定漫才師に選ばれて少しずつ知名度が上がってきた印象です。とくにすごいと思ったのは準々決勝の輪廻のネタ。もはや漫才というより現代アートの域。漫才観ていて芸術を感じるのは、このコンビだけだと思います。

あと、漫画家も話題になりましたね。

決勝進出者

今年の決勝進出者を一組ずつ紹介していこうと思います。

和牛

M-1グランプリ決勝3連続。THE MANZAI2014から数えると4連続ですね。
まず間違いなく、今年のM-1でも優勝候補でしょう。
和牛の場合は、2016、2017で優勝してもおかしくなかったのに優勝できなかったということで。審査員としても優勝させたい気持ちがあると思うのですよね。
ただ、強いネタをかなり消化してしまっているところが難しいところ。
過去の「デートネタ」と「伏線回収ネタ」に匹敵するか超えないと、最終まで行っても票が集まらないような気がしますね。

ネタ予想
オレオレ詐欺→ゾンビ

霜降り明星

霜降り明星は両方とも今年のR-1の決勝にも出ているので、ポテンシャルがすごいと思います。
勢いのある若手という意味で、ネタのテンポも良いですし、十分に最終ステージまで進出可能なんじゃないかな。
準決勝ではノーミスでしたが、一回でもボケがはまらないとどん滑りする可能性もなくはないので、そこは怖いですね。
正直な話、粗品は好きでも霜降り明星はハマっていなかったのですが、見るたびにボケとツッコミの面白さが増しているような気がします。
キングオブコントも若手のハナコが優勝したこともあり、もしかしたら優勝ありうるかと。

ネタ予想
豪華客船→情報番組

ゆにばーす

去年トップバッター引いたゆにばーす。今年もトップバッターだったらさすがに笑ってしまうのですが、早い出順の方が良いような気がしていますね。
今回、技術的に優れた漫才師が多いので、そういうのと比べてしまうと爆笑を取っても点数が伸びない可能性があるかと。
ゆにばーすが最終まで行くとするなら、2、3番目がいいと思います。

ネタ予想
実家→デート

見取り図

まさか見取り図が決勝行くとは思っていなかったので、嬉しいですね。旧M-1の敗者復活でもわりと印象に残っていたコンビだったと思います。
ただ、今回決勝のメンツがエグすぎて、見取り図おもしろいんですけど技術的に一枚落ちてしまう感があるんですよね。
個人的には、「あた○○」や「おっ〇〇」というワードで攻めるネタより、3回戦でやった「結婚相談所」の方が好みです。ただ、「あた○○」で爪痕を残せると思うので、流行るのが楽しみです。
ツッコミに目が行きがちですが、ボケも予想しない角度で来るのでおもしろいですね。まだまだ伸びる気がします。個人的には優勝してほしい。

ネタ予想
ファッション→女を紹介

かまいたち

今回の予選、かまいたちがかなり強かったですね。個人的にも優勝するんじゃないかなと思っています。ただ、去年もそんな感じで4位だったので、決勝の場にそこまでハマっていないのかなという気もしてしまいます。
ただ、最終選考まで進んだたらUFJで勝ちきれるんじゃないかな、という印象です。

ネタ予想
タイムマシーン→UFJ

スーパーマラドーナ

ラストイヤーですね。昔のスーパーマラドーナは、武智がいじめっ子で田中がいじめられっ子という感じだったのですが、いまは田中のサイコな部分が知れ渡っていて良い感じのコンビバランスだと思います。むしろ田中>武智感さえあるかな。
スーパーマラドーナの強みは、強いネタがたくさん残っているところでしょう。技術的にも優れていますし、ここも優勝候補だと思います。順番次第ですね。

ネタ予想
隣人→ミナミの帝王

ジャルジャル

ジャルジャルは去年のピンポンパンゲームの亜種というべきネタ「国名わけっこ」が出来上がったんですよね。完成度ではピンポンパンの方が上だけど、笑いとして国名わけっこの方が上という感じです。
だから、ジャルジャル結構厳しいんじゃないかなと思いますね。順番次第では最終まで行く可能性はあるのですが、優勝できるネタがないんですよね。密かに作っていてくれていることに期待です。
去年ピンポンパンで最終まで行って、国名わけっこが出来ていたら優勝できたと思うんですが、それは夢想論ですね。

ネタ予想
国名分けっこ→自己紹介

トム・ブラウン

トム・ブラウンは唯一の他事務所ですね。世間的には「上沼怒られ枠」みたいですが、僕としては結構期待しています。
トム・ブラウンのネタってかなりのパワープレイなんですよね。眼の前であんなもん見せられたら笑うしかない、という。
下手したら最終まで行くんじゃないかな、と期待しています。優勝問わず、放送後に一番話題になるのはトム・ブラウンだと思います。

ネタ予想
ナカジマックス→加藤一二三

ギャロップ

ギャロップはおもしろい、おもしろいのだけど爆発する図が浮かばないんですよね。ただ中堅の実力者ではあるので、滑ることはないかと。
ギャロップが一番読めないかもしれません。優勝してもおかしくないんですが、5、6位くらいで終わってもおかしくないかな、と。
合コンのネタはよく出来ていると思います。

ネタ予想
合コン→コンプレックス

今年の審査員

上沼恵美子
松本人志
中川礼二
オール巨人
立川志らく
塙宣之
富澤たけし

博多大吉と渡辺正行、春風亭小朝が抜けて、新しく立川志らく、ナイツ塙、サンドウィッチマン富澤が追加されました。
富澤はM-1グランプリ2015で歴代チャンピオンとして審査、塙と志らくは別のお笑いコンテストで審査経験がありますね。
去年より関東色が強くなったかなと印象です。ナイツとサンドウィッチマンは現役の漫才師でもあるので、彼らがどういうふうに評価するのか楽しみですね。

出番順は笑神籤

去年に引き続いて出番順は笑神籤で決定します。その場、その場で出場するコンビが決まるというのはなかなかスリリングだなと思います。
今年のキングオブコントのシークレット制と良い、こういう生放送ならではの試みが流行っているのかもしれませんね。
まあ、M-1の場合は、敗者復活がトリでなくなることに合わせて、ドラマ性を補う形で笑神籤を導入しているのでしょうが。

今回笑神籤引くのはアスリート3人。吉田沙保里はじめ、阿部一二三、井上尚弥とのことです。3人もいるのは恐らく批判を避けるためでしょうが、M-1はスポーツ感があるのでまあそこまで悪くないチョイスなのではないかと思いますね。

敗者復活予想

今回の敗者復活戦もランダムなんですよね。いままでは予選順位順だったので、かなりの変化だと思います。
そして、今回は「準決勝で受けていたのに落とされたコンビ」がいないので、かなり混戦するような気がします。

有力所では、去年最終まで行ったミキ、ラストイヤーのプラスマイナスでしょうか。ただこの2組も出順が前の方だったらわからないですね。
個人的な希望でいえば、金属バット、たくろう辺りが行ってくれるとめちゃくちゃ嬉しいです。とくに決勝には見取り図がいるので、金属バットいったら激アツですね。(見取り図の盛山と金属バット友安は同級生)

追記(抽選で敗者復活の出番が決まったみたいです)
出場順
1 …ウエストランド
2 …ダンビラムーチョ
3 …さらば青春の光
4 …ミキ
5 …たくろう
6 …からし蓮根
7 …アキナ
8 …金属バット
9 …マユリカ
10 …東京ホテイソン
11 …侍スライス
12 …ニッポンの社長
13 …マヂカルラブリー
14 …三四郎
15 …プラスマイナス
16 …インディアンス

この感じだとプラスマイナスかマヂカルラブリー行きそうですね。

決勝予想

1位…かまいたち
2位…和牛
3位…霜降り明星
4位…スーパーマラドーナ
5位…ジャルジャル
6位…トム・ブラウン
7位…敗者復活(ミキ)
8位…ギャロップ
9位…見取り図
10位…ゆにばーす

これだけ実力が拮抗していて出番がランダムだと予想がかなり難しいですね。出順が良いコンビが優勝するといってもおかしくないと思います。マジでレベル高いですからね。どこが優勝してもおかしくはないかと。さすがにトム・ブラウンは一番笑いとっても優勝できなさそうですが笑
トップ引いても最終まで行けるのは恐らく和牛ぐらいなので、和牛が最終まで行く可能性は高いと思います。

M-1グランプリ2019年の決勝進出者予想

たくろう
からし蓮根
霜降り明星
金属バット
東京ホテイソン
さらば青春の光
ニッポンの社長
見取り図
セルライトスパ

おまけでm-12019の決勝進出者予想。
有力どころがごっそり消えるので、個人的には来年の方が楽しみだったりします。

お笑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
二匹をフォローする
路地裏シネマ

コメント