心霊

心霊『封印映像38』感想

投稿日:

今回は圧倒的な玉置回です。

ここからネタバレありになります。鑑賞後にどうぞ。

トレーニングの代償

あらすじ

映像を見る玉置「私もバストアップしたいですよ」と、心霊ビデオから一番ほど遠い言葉がいきなり飛び出る。
映像は、ジムでトレーニングしている会社の同僚3人。ダンベルを持ち上げようとして諦める気の弱そうな女性「山崎」に対して、「いつもさ、そうやって諦めるよね」と無駄に煽る気の強い女性。
女性同士でボクシングをすることになるのだが、なぜか強烈な一撃が気弱な山崎から繰り出される。
これにキレた清水は、子どもの喧嘩のようにボコボコ殴り返す。
山崎は更衣室にいってしまい、ベンチプレスで憂さ晴らしする清水。
しかしベンチプレスで失敗し、顔に大怪我を負ってしまう。
何やら黒い影が見えるのだが……。

感想

ジムの器具を次々と試す玉置。ホラービデオなのに楽しそうだ。
山崎が持っていた怪しげな人形。どうやら山崎はこの人形を使用し、キツイ性格の清水に呪いをかけたと思われる。
そして、その人形がなぜか鏡の後ろから発見される。

怖いか怖くないかでいえば怖くないのだけど、いろんな人間関係が描かれていて普通におもしろい。

心霊スポット案内人

あらすじ

森の中、カメラを回す男性。壊れた地蔵が映り、映像が乱れる。
心霊映像を提供した撮影者の片山が、その心霊スポットを案内してくれるという。
待ち合わせ場所でレポーターのような雰囲気を出す玉置。カメラの後ろで、なぜか片山はじっと見ている。
車で心霊スポットへ行くことになるのだが、片山は「僕、人の運転だめなんですよね」と自ら運転したい、と言い出す。
車が動き出し、さっきコーヒー買ったんですよと、おしるこのようにじゅるじゅる飲み始める片山に、ドン引きする玉置。
挙句の果てに「トイレ行きたくないですか?」と勝手に車をとめ、勝手に吐きまくる。
スタッフの高橋が「大丈夫ですか?」に対して、普通にスルーして車へと戻っていく。
そして、キツネを轢く。片山は「はやく行きましょ」と無感情である。
夜になり、ようやく心霊スポットまでたどり着くのだが、急に片山は消えてしまう。映像が乱れはじめ、カメラは壊れた地蔵を捉える。

感想

なにかがあり急に逃げ出す玉置と高橋。
「高橋さんが悪いんですよ」と不満を見せる。片方の靴がなくなっているが、後日写メでもう片方の靴が送られてくる。

片山のヤバさが光る一本。終始、狼狽する玉置を見ることができる。
さらに後半、罵倒する玉置も見られるなど、玉置ファン歓喜の作品。
心霊作品としては本当によくわからない。

隣人トラブル

あらすじ

「子ども欲しいの?」と問いかけながらおにぎりを頬張る山口。「ゆくゆくはほしいですけど……」と玉置。
こんな茶番からスタートする3話目。
映像が始まり、赤ちゃんをあやす親が映し出される。酒ヤケしていて椿鬼奴を思わせる声だ。布団の上で泣いている赤ん坊。少し浮遊している。天井から顔が落ちてきて、映像は終わる。
取材を開始する玉置。アポを取り、映像提供者のマンションまでやってくるが、なぜか断られてしまう。
張り込みをして、撮影者である夫が帰ってくるのを待つ。なんとか取材することに成功したものの、映像の赤ちゃんが死んでしまったことを知らされ、そのまま取材は打ち切られてしまう。
しかし、調査を続ける玉置。そして、提供者であるNさんが嫌がらせをする隣人に悩まされていたことを知る。
再度、Nさんに取材を申し込む玉置。隣人トラブルの映像を見せてもらう。そこには執拗に嫌がらせをするNさんと、壁から顔のようなものが出てくる心霊映像が映っていた。
隣人であるSさんに取材を申し込もうとするが……・

感想

隣人の恐怖か、心霊映像かどっちかに絞って方が良いような気がした。ピークはないんだけど、伏線の貼り方は上手。
なんで心霊の顔に目鼻がないのかとか、隣人はどうしてNさんに嫌がらせしたのとか、もうちょい調査して欲しかった。そういう後付がないからリアルという見方もできなくないが。

ピアノ発表会

あらすじ

ピアノの発表会で会場に早くつきすぎてしまった母娘。誰もいない楽屋に通されるのだが、母親が「練習をしない?」と問いかける。ステージに向かう母娘。
試しに母親がピアノをひいてみるのだけど、あるキーを叩いたとき歪んだ音が出る。
スタッフがやってきて「照明のチェックなどがあるので……」と注意する。
再び楽屋に戻ってきた母娘。あの歪んだピアノの音が連続して聞こえだす。再び楽屋を出ようとするのだが……。

映像はここで終わり、母親のインタビューが始まる。それを受けてホールへ取材に行く玉置。事故は一切ないというスタッフだったが、ピアノ調教師の事故があったことを知る。オーナーがその事故にあったそのピアノを格安で引き取ったらしい。
再び取材をする玉置だったが……。

感想

最初、映像を見たときは何がなんだかさっぱりわからなかった。2回目くらいで、なるほど頭が爆発しているんだな、と。
頭が爆発とかけているのだろうか、やたら髪がセットできていない人間が多かった。
心霊としては頭が爆発しているんだけど、どことなくインパクトが弱いなと感じてしまう。
それにしてもこの調教師は何を訴えたかったのだろうか。母親のピアノに我慢ならなかったのか。

-心霊
-

Copyright© 路地裏シネマ , 2019 All Rights Reserved.